読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tizen SDKのお試し - インストール

面倒なのでUbuntuのVMに10.10を突っ込む。
デフォルトでは日本語が微妙なのでLanguageで日本語追加。*1


SDKのバイナリインストーラーは→https://developer.tizen.org/sdk.htmlから落とす。
オンラインインストーラーしか無い模様。(‐_‐)

パミッション付けて実行すると「必要なパッケージがねーぞボケ、インスコして出直せ」と怒られる。
しぶしぶ追加。

Oracle (Sun) Java 6*2

sudo apt-add-repository ppa:flexiondotorg/java
sudo apt-get update
sudo apt-get install sun-java6-jdk

その他(手抜き)

sudo apt-get install qemu-kvm binutils-multiarch debhelper fakeroot realpath libsdl-gfx1.2-4 gettext procps xsltproc libdbus-1-3 liblua5.1-0 libexif12 libcurl3

バイナリインストーラー。sudo や root でやると怒られるのでユーザーでやる。

./tizen_sdk.bin

f:id:moguriso:20120112042230p:plain
GUIインストーラーが起動する。GUIを用意するなら、必要なパッケージを
適宜バックグラウンドでダウンロードしてくれれば良いんじゃないかと小一時間...

ガンガンと進める。インストール先はデフォルトで”/home/ユーザー名/tizen_sdkらしい。
インストール時にオンライン経由のダウンロードに10分チョッと掛かる。

f:id:moguriso:20120112044500p:plain
未分類か・・・orz