読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xUbuntuでリモートデスクトップ

xfreerdp

平日は仕事して、家ではご飯食べて寝るだけ。週末も会社に出社して、家に帰らずにビジネスホテル。そんな感じで、自宅PCに未エンコードの動画ファイルが溜まりまくって困るので、外から家のPCにアクセスできるようにしました。*1

xfreerdpをインストール

$sudo apt-get install xfreerdp

特に何も考えずapt-getするだけ。

Windows側の設定

マイコンピュータを右クリック→[プロパティ]をクリック
f:id:moguriso:20121223045015p:plain
リモートの設定をクリック
f:id:moguriso:20121223045410p:plain
取り敢えずこんな感じ。
f:id:moguriso:20121223045425p:plain
念の為ユーザーを追加しておく。

接続確認

$ xfreerdp -a 16 -u ユーザー名 -g 1024x700 -x m -z --plugin cliprdr "サーバアドレス"

"-a"が色深度(8, 16, 24, 32)の選択。"-g"が解像度。x220は高さが768(デフォルト)より若干短いので、700に減らす。"-x"で接続速度(と、言いつつ、AeroのON/OFFとかがこれで変わる)m:modem, b:broadband, l:local area。外からだとWiMAXでも遅延があるので、m推奨。"-z"で圧縮ON。(いらんかも)cliprdrでクリップボード共有。(いらんかも)

毎回うつにはメンドイので、下のようなスクリプトにしておく。

#!/bin/bash
xfreerdp -a $1 -u ユーザー名 -g 1024x700 -x m -z --plugin cliprdr "アドレス"

これをrdpという名前にして、パスの通った所において

$ chmod 755

アクセスする際は

$ rdp 16 (解像度)

でできて便利です。

*1:そもそも家に居ればいいという選択肢は見ないふり。。