読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

余り人が触れていないTizenの話題

個人的にいろいろあって触発されたので、少しずつ再開してみようかと思いはじめました。。

Tizen repo sync

どこかで誰かが試しているのを見た気がしますが、元ソースも忘却のかなたです。
とりあえず、Tizen 2.3 branchのsyncなら下記の感じで、、、一応進んでます(現在進行形)

$ mkdir work_dir
$ cd work_dir
$ repo init -u tizen:scm/manifest -b tizen_2.3
$ repo sync

(*) review.tizen.orgにアカウントを作って、sshの公開鍵を登録し
~/.ssh/configに以下(らしき)内容を書いておかないとアクセスに失敗します。

Host tizen
    Hostname review.tizen.org
    IdentityFile ~/.ssh/id_rsaxxx
    User USERNAME
    Port 29418

Samsung Z1のソースコード

Samsung Opensource Release Center
でビルド可能パッケージが公開されています。gbsとgitが有れば、個々のパッケージをbuildすることもできます。
micでflashing用イメージにするには1工夫要りそうですが、、、

Galaxy Note4用イメージ?

Index of /snapshots/tizen/mobile/latest/images/arm-x11
mobile-x11-armv7l-n4ってのが増えてます、CPUのアーキテクチャが5433でN4なので
Galaxy Note4じゃないかと思ってますが、勉強料に88,000円払う気力は無いので不明です。*1

Tizen on Crosswalk

どうも、この3.0 mobileのsourceにはcrosswalkが含まれているようです。
Index of /snapshots/tizen/mobile/latest/repos/arm-x11/source
実際に使えるレベルなのか、単にsourceの一覧に入ってるだけで使えないのか真偽は不明ですが興味はあります、ね。。。

*1:誰かNote4ください