読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tizen Emulator が Segmentation fault する --- 改善編 ---(2)

f:id:moguriso:20120614025818p:plain
一部ソースを修正してやれば、この辺で作った仮想環境でもTizen Emulatorを起動出来るようです。

f:id:moguriso:20120614030005p:plain
確かにTizen Developer Phoneソックリです。

emulator.cの改変

威張れる程のことは何もしていません。。
(ソース展開先ディレクトリ)/tizen/src/emulator.c
のL321をコメントアウトして、リビルドするだけです。リビルド手順はこちら

320 int main(int argc, char* argv[])
321 {
322     parse_options(argc, argv, &skin_argc, &skin_argv, &qemu_argc, &qemu_argv    );
323 //    get_bin_dir( qemu_argv[0] );
324     socket_init();

の様にして、単純にコメントアウトします。

ビルドに成功すると、emulator-x86が(展開先ディレクトリ)/tizen/Emulator/binにできます。
試しに実行すると、seg faultは発生せず

Ubuntu moguris@geozero:~/tizen/emulator-test/tizen/Emulator/bin$ ./emulator-x86 
logfile can't open: No such file or directory

ログファイルの展開に失敗というエラーが表示されます。

既存のemulator-x86, qemu-imgとの差し替え

すでにインストール済みのtizen sdkにあるファイルをリビルドしたファイルで更新します。
(念の為オリジナルファイルのバックアップコピーをとっておくと安全です)

差し替えが完了したら、emulatoro-managerを起動して下さい。

Ubuntu moguris@geozero:~/tizen_sdk_32/Emulator/bin$ ./emulator-manager

f:id:moguriso:20120615015755p:plain
既に作成済みのエミュレータ構成では起動に失敗するので、<>で新規に作成して"Launch"で実行します。
エミュレータだけに実行には少々時間を要しますが、問題なく起動はするようです。

いじくってみた感じの不具合

  • 起動が遅い。激しく遅い。2〜3分はかかる(Corei5, mem:16GB環境で。。。)
  • 重い。DevPhone触るよりもずっと重い。
  • 右側に付いているボタンが効いていない?
    • 右下の電源ボタンは聞いたので、反応が遅いだけの可能性あり

emulator kernelは弄れそうですが、x86 imageはext4のddでは無いみたいなので、作りなおす場合は頑張らないとダメっぽいです。。。