読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TizenをGALAXY SII WiMAX ISW11SCに焼く(6) - ubootの手直し

ココの続き。

Samsung Galaxy Androidさんのubootでも動いては居ますが、EU版のGS2とau版のGS2では画面解像度が違うので表示されるログが読めません。どうも、EU版(というか、殆どのGS2)は800x480の解像度で、au版はHD解像度の1280x720になっているみたい。

というわけで、試しに解像度部分をau版に合うように修正します。解像度の初期化をやっているのは、ubootソースの”board/samsung/galaxys2/galaxys2.c”で、該当部分はこんな感じになっています。

335 void *video_hw_init(void) {
336     memset(I9100_FB, 0, 480 * 800 * 4);
337     gdev.frameAdrs = I9100_FB;
338     gdev.winSizeX = 480;
339     gdev.winSizeY = 800;
340     gdev.gdfBytesPP = 4;

単純に手を入れると、あからさまに解像度な部分を書きなおせばいいだけと思います。

335 void *video_hw_init(void) {
336 #if 0 /* mog */
337     memset(I9100_FB, 0, 480 * 800 * 4);
338     gdev.frameAdrs = I9100_FB;
339     gdev.winSizeX = 480;
340     gdev.winSizeY = 800;
341 #else /* mog */
342     memset(I9100_FB, 0, 720 * 1280 * 4);
343     gdev.frameAdrs = I9100_FB;
344     gdev.winSizeX = 720;
345     gdev.winSizeY = 1280;
346 #endif /* mog */

直したら保存して、makeし直します。

[SB2 slp2 sbs-armel_home_moguris_sbs] root@geozero i9100-proper-linux-i9100-uboot # make galaxys2

サンプル系のアプリビルドには失敗しますが、u-boot.binは無事ビルド出来るので余り気にしなくていいと思います。

make -C examples/standalone all
make[2]: Entering directory `/home/moguris/Downloads/uboot/i9100-proper-linux-i9100-uboot/examples/standalone'
make[2]: *** No rule to make target `.depend', needed by `all'.  Stop.
make[2]: Leaving directory `/home/moguris/Downloads/uboot/i9100-proper-linux-i9100-uboot/examples/standalone'
make[1]: *** [examples/standalone] Error 2
make[1]: Leaving directory `/home/moguris/Downloads/uboot/i9100-proper-linux-i9100-uboot'
make: *** [galaxys2] Error 2

取りあえず、このu-boot.binで焼き直して reboot

f:id:moguriso:20120706013228j:plain

文字は読めるようになった、、、kernelの起動には行ってるみたい。でも起動しない。
(この状態で放置すると酷く熱を持つので注意!)

mmcblk1p2辺りがbad partitionになっているみたい。
アドレスが違うのか?