読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tizen パッケージビルド 〜GBS編〜

便利は便利なんですけど、なんだかな、な、、、

環境構築

略!

 https://source.tizen.org/documentation/developer-guide/environment-setup

この辺を読めば簡単でした。。。

ダウンロード、ビルド

 https://source.tizen.org/documentation/developer-guide/downloading-and-building

これもこの辺を読めば簡単です。ざっくりした手順としては

  1. git cloneしてきてソースを落としてくる
  2. gbs -A armv7l

すれば、ネットワーク経由で自動的に依存するパッケージをダウンロードしてきて必要なファイルがインストールされ、最終的にrpmbuildまで走ります。

不便なところ1

クロスバイナリだけ吐いたり、独自にrebuildして動作確認するには不便。
独自でポーティングした環境に持って行って動かしたりは非常に不便です。

特に、1.0環境はrpmのインストール情報がプールされてないのでインストールできません。

    • nodepで一応入れようとしますが、nfs環境だとpermissionの都合か上書きに失敗しました。

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/522rpmcpio.html
を参照して

$ rpm2cpio hogehoge.rpm | cpio -id

でrpmを展開してfsの内容を上書きしましたが、期待のconfigureでbuildされてませんでした。。

qemuは居そうなので、sbsらしきことは出来そうな気がしますが、、、どうやったらいいんだろう?

不便なところ2

パッケージごとにキャッシュを生成するので、ネットワーク環境が必至+HDDを使いまくりですが
これって仕様なんだろうか???