読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fedora 16 64bit に Tizen SDK のインストール -- 実行

参考

インストール対象の環境は出来たので、必要な環境を追加していきます。

$ sudo apt-get upgrade

特に何も更新されませんでした。ちょっと不安になりますが。。

Fedoraにいる.vimrcと設定が干渉して鬱陶しいので、vimをインストールします。

$ sudo apt-get install vim

参考ページに従ってパッケージを入れます。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install qemu-kvm binutils-multiarch debhelper fakeroot realpath
$ sudo apt-get install gettext procps xsltproc libdbus-1-3 liblua5.1-0 libexif12
$ sudo apt-get install libcurl3 expect libsdl-gfx1.2-4
$ sudo apt-get install python-software-properties
$ sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install oracle-java7-installer
$ sudo apt-get install libgtk2.0-0 libxtst6 xdg-user-dirs xdg-utils unzip
$ sudo apt-get install libwebkitgtk-1.0-0 chromium-browser

最後のwebkitがインストールで失敗したようです。必要かどうかは分からないのですが...

$ bash ./Downloads/tizen_sdk.bin
$ ./tizen_sdk/IDE/startup.sh

f:id:moguriso:20120601062230p:plain

起動はした。HTML書くのも問題無さそう。でもEmulatorは起動しない。。。

chromiumが何のために要るのかと思ったら、デバッグに使うために要った模様。。。

Emulatorが起動しないのは、libGLU.so.1が見つからないからですが、、、
下層でグラフィックドライバを呼ぶので、これは64bitOSで動かそうと思うと
64bit対応のqemuにしないとどうしようも無い気がする。。。*1

TizenのEmulatorをFedora 16(64bit)で動かしたいんだ。。。

os buildするのには使えそうだけど、、、Mer Platform SDKで十分だった気もする、、、

*1:いや、分かってたことではあるのですけれど。。。