tizen.moe

tizen.moe

/etc/network/interfacesのデバッグがしたかった

タイトルの通りですが、↓みたいなのを書いて(NetworkManagerは邪魔をするのでapt purgeして)再起動するという非効率な作業をしておりました。

auto eth0
iface eth0 inet static
   address 192.168.xx.yy
   netmask 255.255.255.0
   gateway 192.168.xx.1
   post-up route add default gateway 192.168.xx.1 metric 110
   post-up route deldefault gateway 192.168.xx.1 metric 100
   post-up route del default gateway 192.168.xx.1 metric 101
   post-up route del default gateway 192.168.xx.1 metric 0

で、↑だと

$ route -n
カーネルIP経路テーブル
受信先サイト    ゲートウェイ    ネットマスク   フラグ Metric Ref 使用数 インタフェース
0.0.0.0         192.168.xx.1    0.0.0.0         UG    0    0        0 eth0
0.0.0.0         192.168.xx.1    0.0.0.0         UG    110    0        0 eth0
192.168.xx.0    0.0.0.0         255.255.255.0   U     0      0        0 eth0

消えてほしい metric 0 が消えてくれない、と。何が問題なのか判らないので困ったのですが、よく考えたら↑はifupしたときに実行されるらしいので起動してる状態で

$ sudo ifconfig eth0 down                        <- 一端落とす
$ sudo ifup eth0 -v                                    <- verboseオプションつけてifupする

とかしてあげるとエラーが出るということに今更気づきました。ここで「not configured」とか出る場合は「/run/network/ifstate」に

$ sudo vi /run/network/ifstate
lo=lo
eth0=eth0                 <-追加

しておくと、怒られなくなる模様です。*1で、「-v」の効果で

$ sudo ifup eth0 -v

ifup: configuring interface eth0=eth0 (inet)
/bin/run-parts --exit-on-error --verbose /etc/network/if-pre-up.d
run-parts: executing /etc/network/if-pre-up.d/bridge
run-parts: executing /etc/network/if-pre-up.d/wireless-tools
run-parts: executing /etc/network/if-pre-up.d/wpasupplicant
/sbin/ip addr add 192.168.xx.yy/255.255.255.0 broadcast 192.168.xx.255     dev eth0 label eth0
/sbin/ip link set dev eth0   up
 /sbin/ip route add default via 192.168.xx.1  dev eth0 onlink
route add default gateway 192.168.xx.1 metric 110
route del default gateway 192.168.xx.1 metric 100
SIOCDELRT: No such process
ifup: failed to bring up eth0

要するに存在しないmetric 100を削除しようとして「そんなもん無いよ」と怒られてる訳でした、と。
一端エラーになるとゴミが残るっぽく、ifdown→ifupがエラーになるのでflushする必要がある模様。

$ sudo ifdown eth0
ifdown: interface eth0 not configured
$ sudo ifup eth0 -v

ifup: configuring interface eth0=eth0  (inet)
/bin/run-parts --exit-on-error --verbose /etc/network/if-pre-up.d
run-parts: executing /etc/network/if-pre-up.d/bridge
run-parts: executing /etc/network/if-pre-up.d/wireless-tools
run-parts: executing /etc/network/if-pre-up.d/wpasupplicant
/sbin/ip addr add 192.168.xx.yy/255.255.255.0 broadcast 192.168.xx.255     dev eth0 label eth0
RTNETLINK answers: File exists                               <- すでにあるとかなんとか
ifup: failed to bring up eth0
$ sudo ip addr flush dev eth0
$ sudo ifdown eth0
ifdown: interface eth0 not configured
adachi@val:/etc/network$ sudo ifup eth0 -v

ifup: configuring interface eth0=eth0 (inet)
/bin/run-parts --exit-on-error --verbose /etc/network/if-pre-up.d
run-parts: executing /etc/network/if-pre-up.d/bridge
run-parts: executing /etc/network/if-pre-up.d/wireless-tools
run-parts: executing /etc/network/if-pre-up.d/wpasupplicant
/sbin/ip addr add 192.168.xx.yy/255.255.255.0 broadcast 192.168.xx.255     dev eth0 label eth0
/sbin/ip link set dev eth0   up                         <- ちゃんと上げに行った
 /sbin/ip route add default via 192.168.xx.1  dev eth0onlink
route add default gateway 192.168.xx.1 metric 110
route del default gateway 192.168.xx.1 metric 100
SIOCDELRT: No such process
ifup: failed to bring up eth0

とりあえず、エラーから metric 100 を消しに行ってエラーになってるので

auto eth0
iface eth0 inet static
   address 192.168.xx.yy
   netmask 255.255.255.0
   gateway 192.168.xx.1
   post-up route add default gateway 192.168.xx.1 metric 110
   post-up route del default gateway 192.168.xx.1 metric 0

みたいな感じにすると

$ sudo ifup eth0 -v

ifup: configuring interface eth0=eth0 (inet)
/bin/run-parts --exit-on-error --verbose /etc/network/if-pre-up.d
run-parts: executing /etc/network/if-pre-up.d/bridge
run-parts: executing /etc/network/if-pre-up.d/wireless-tools
run-parts: executing /etc/network/if-pre-up.d/wpasupplicant
/sbin/ip addr add 192.168.xx.yy/255.255.255.0 broadcast 192.168.xx.255     dev eth0 label eth0
/sbin/ip link set dev eth0    up
 /sbin/ip route add default via 192.168.xx.1  dev eth0  onlink
route add default gateway 192.168.xx.1 metric 110
route del default gateway 192.168.xx.1 metric 0
/bin/run-parts --exit-on-error --verbose /etc/network/if-up.d
run-parts: executing /etc/network/if-up.d/000resolvconf
run-parts: executing /etc/network/if-up.d/avahi-autoipd
run-parts: executing /etc/network/if-up.d/avahi-daemon
run-parts: executing /etc/network/if-up.d/openvpn
run-parts: executing /etc/network/if-up.d/postfix
run-parts: executing /etc/network/if-up.d/static-routes
run-parts: executing /etc/network/if-up.d/ubuntu-fan
run-parts: executing /etc/network/if-up.d/wpasupplicant

$ route -n
カーネルIP経路テーブル
受信先サイト    ゲートウェイ    ネットマスク   フラグ Metric Ref 使用数 インタフェース
0.0.0.0         192.168.xx.1    0.0.0.0         UG    110    0        0 eth0
169.254.0.0     0.0.0.0         255.255.0.0     U     1000   0        0 eth0
192.168.xx.0    0.0.0.0         255.255.255.0   U     0      0        0 eth0

期待通りのルーティングにはなったけどnetアドレスでゴミが載るようになった?

post-up route del -net 169.254.0.0 netmask 255.255.0.0 metric 1000

で消せそうな気がするけどifupでエラーが出るので残しておくか。。。

*1:エラーが出ない設定を書いてあれば不要な気がします、たぶん。。。

石川智晶 LIVE「理由がないのが理由」

www.chiakiishikawa.com
最近は入場数制限が無くなってるのが多い中こちらはまだ絞ってあってスペースに余裕が有ったのでゆったりしていて良かったと言う印象がありました。
この手のLIVEは初めて行ったのですが音がデカい。*1
でも、なかなか良い席でアンインストールが生で聞けたのは大変良かったかと。

*1:ドラクエクラシック聞いてそのままだったので余計にデカく感じた気がする

東京シティ・フィルのドラゴンクエスト すぎやまこういち 交響組曲「ドラゴンクエスト」I~IIIベストセレクション

www.dragonquest.jp
海老原光マエストロは初めて見ました。指揮者の方は皆さん個性的だなぁ、と。。

劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア

sao-p.net


初日のレイトで見てきたんですが、思った以上にガラガラで2022年に続編やるようですが最後まで完走できるのかちょっと疑問が・・
natalie.mu
週間興行収入は1位を記録したそうですが、、、umm...