tizen.moe

tizen.moe

シライサン

shiraisan.jp
きっちり怖かったんですけど、ホラーとして怖がらせることを優先してそれ以外は割と度返しにしたのか、尺に収めきれずにこうなったのか。。。*1

小説 シライサン (角川文庫)
乙 一
KADOKAWA (2019-11-21)
売り上げランキング: 4,873

という訳で消化不良で仕方ないので小説も読んだら一応納得はしました。というか、映画版の終わりがいまいち納得行かない。。

*1:ただ怖いだけでなく成り立ちとか動機みたいなのが気になる派

チャーリー・セズ/マンソンの女たち

半分くらいまでは頑張ってみたんですけど、どうも期待と大分違う感じでギブアップしました。。。

アンダー・ユア・ベッド

アンダー・ユア・ベッド [DVD]
Happinet (2020-01-08)
売り上げランキング: 7,447

大石圭っぽくてちょっと前に見た殺人鬼を飼う女よりは見れたんですけど、なんというかいたたまれない気持ちになりました。まる。

二ノ国

多分劇場の番宣につられて見ようと思って見なかったやつ。ストーリーの2/3くらいは予想通りでしたが、まあ良かったんですけど、ヒロインの棒ぶりが微妙だなぁと思ったような。

golangで複数戻り値の関数からの戻り値を := で受け取った場合に同名変数を複数回使いたい場合

タイトルの表現があってるか微妙ですがgoでなんか書いたことがある人なら一度は考えるこういうやつ

package main

import (
        "errors"
        "fmt"
)

func hoge(is bool) (hoge bool, err error) {
        if is {
                return is, errors.New("Error HOGE")
        } else {
                return is, errors.New("Error FOO")
        }
}

func main() {
        hage, err := hoge(true)
        fmt.Println("hage = ", hage)
        fmt.Println("err = ", err)
        foo, err := hoge(false)
        fmt.Println("foo = ", foo)
        fmt.Println("err = ", err)
}

要はerrは使いまわしたいけど先頭の変数は新規に作りたいやつ。昔これできなかった気がするんですけど

taknb2nch.hatenablog.com

勘違いでちゃんとできた(errは同じメモリ空間上の変数が新規作成されずに使い続けられるという期待する動作をする)らしい。あはれ、しつるせうとくかな。年ごろはわろく書きけるものかな。。。*1

*1:過去に書いたゴミコードを直したい。。。

何故かUbuntuが暴走してAterm WG2600HP3が過負荷で沈黙する場合の処方箋 (仮)

正しくないような気もするのであくまで仮説です。

現象

  1. 宅内LAN環境でWindows PCからインターネット接続NGになった
  2. FireStickからは見えているみたい?(ストリーミングは流れてた)
  3. ルータ(Aterm WG2600HP3)が応答してないっぽい
    • WebUIにつながらない
    • そもそもpingに応答しない

対応(1)

ルータの電源を抜き差しすると言う古典的手法 → 復帰せず
WindowsPCがインターネットを見失ったまま。ルータ再起動の余波でFireStickも沈黙した。。

対応(2)

実は以前にもこの現象はあって、そのときは宅内サーバをリセットしたら直っていた。*1というわけでサーバのリセットボタンを押したら直った。

考察

以前は結局分からず終いでその後起こっていなかったので忘れていました。不意のタイミングで唐突に起こるのでクラック的なものを想像するのですが基本的な処置(ちゃんと更新するとか不必要なポートは開けないとか云々)はしており、ネットワークトラフィックが急激に増えるとかCPU負荷がガンガン上がるとかわかりやすい怪しさはあまり無く。

可能性として想像したのが、mDNSの干渉なのかと。ちょうどそのタイミングでitunesを入れ直したりごちゃごちゃしていて、bonjour と avahi-daemonが干渉し、結果的にavahi-daemonが暴走してWG2600HP3に変なパケット送ってるのかなぁ、、、と。。。(正直イマイチ納得感がないんですが・・・)取り敢えず家のRPi3はmDNSで接続してないので宅内サーバのavahi-daemonを落としました。

$ sudo systemctl stop avahi-daemon.service

でエラーになるのでなんでかなと思ったら

unix.stackexchange.com

$ sudo systemctl stop avahi-daemon.socket

avahi-daemon.socketというのがいて、そいつに依存してるので先にそいつを殺さないとだめだ、と。

$ sudo systemctl disable avahi-daemon.socket
$ sudo systemctl disable avahi-daemon.service

とやって完了。

未だに実行されるサービス一覧を取るのに

$ sudo service --status-all

していたのですが

sekaruru.hatenablog.com

$ sudo systemctl list-unit-files -t service

流石にいい加減systemctlをちゃんと使っていこうと思います。。。orz

*1:プロバイダは2系統あって、固定IPでサーバにだけつながっている別系統と動的IPでつながるのがあって、宅内サーバは両方につながっている